映画と薬草と男と女。

好きなことにしか本気を出せない。

《親友の道を選んだから見えたもの》One Day~23年のラブストーリー~

f:id:marjoramco:20170322184944j:plain

ざっくりあらすじ

エマとデクスターは若いころにベッドイン寸前までいくのですが、

どうもうまくかみ合わず、そういう関係ではなく親友としての付き合いをしようと誓い合う。

 

それから毎年7月15日にだけスポットライトを当て、

ふたりが23年間、7月15日をどのように過ごしてきたのかが描かれています。

 

ときめいたり、傷ついたり、裏切られたり…。

二人にとって7月15日はどんな意味を持つのか。

 

エマ(アン・ハサウェイ)がどんどんキレイになっていくのが

素敵です( *´艸`)

 

※以下、ネタバレ注意で教訓を書きます。

 

 教訓1.【あと1cmの恋】のあとに見ないほうがいい。

 最初の記事に書いたこちらの映画↓

 

marjoramco.hatenablog.com

私はこの映画を見たあとにこの映画を見たので

「おいおいおいいい!!!!また親友って意地はってる男女のすれ違い物語かよもう胸が苦しいよ!!!」

となりました。

しかも

「あと1㎝の恋は12年で済んだものの、こっちは23年もあるのかよ!やべえよ!耐えられる自信ないよ!」

 って感じでした。

感情移入しすぎる人はこの二つは連続して見ないほうがいいですよ。疲れます。笑

 

 教訓2.ノリでヤったら終わりかも。

最初に2人がベッドイン寸前までいくところですが

エマに対してデクスターは萎えてるんですよね。

フゥ~みたいな感じでベッドまでいくけど、

そのあとなんかこの女と噛み合わねぇな~みたいな。

一方エマは最初からデクスターのことが好きだったので

ドキドキしまくって期待しまくりなのですが…。

 

もし二人がここで「親友」という関係を取らずにベッドインしていたら

たぶん、エマの存在はデクスターの心に残ることなく

「ヤったうちの一人」という感じで終わってたと思うんですよね。

だってその時点ではエマの良さがわからないから。

 

エマは彼のことが好きだから、ずっと目で追っていて

彼の素敵な部分を知っていたでしょうし、

彼のいいところをすでに知っているエマと、

エマのいいところをまだ何も知らないデクスター。

気持ちにかなりの差があります。

 

彼女のいいところを何も知らない彼からすれば、

今後彼女を大切にしたいとか

そんなことはこれっぽちも思わないんじゃないかな。

 

デクスターは、長年エマと親友として過ごしてきたから、

どんなときも支えてくれて優しい笑顔を向けてくれて

一緒にいて楽しい、特別な存在だと意識していくんですよね。

 

私はもし自分が好きになった人と、ベッドインできるかも!ってなったら

ガッついてしまいそうな気がします。笑

でもそれじゃダメだって思わされました。

その人のことが本気で好きで、今後真面目にお付き合いしていきたいと思うなら

まずは自分のことを知ってもらえるように

徐々に距離を縮める努力をしないとね(´・ω・`)

焦らない、焦らない。

 

 教訓3.好きだからって甘やかさない

 物語の中盤で、デクスターは人生のスランプに陥り、

ドラッグに手をだしてしまいます。

そんなとき、エマは

「あなたのことが好きだったけど、今のあなたは嫌い!」ってな具合に厳しく彼を突き放し、彼のもとから去ってしまいます。

 

落ち込んでいる彼を優しく介抱して

「ドラッグなんてやめて、私がいるじゃない(^^)」

なんて優しい言葉をかけたりしない、その潔さ。

 

本来の彼が本当に大好きだから、今の姿を見ているのが

耐えられなかったのでしょうね。

 

ここまで厳しくされ、見捨てないでくれー!ってなるデクスター。

しかし振り返らないエマ。

 

道に外れた相手を決して認めない。

好きだからって、甘やかさない。

 

私だったら振り返って「あなたを救ってあげたい!」って

なっちゃうよ~(´・ω・`)

でもそれってエゴなのかもしれないな。

 

甘えられる関係だけじゃなく、

間違ったことをしたときにビシッと厳しく突き放せる女って

本当にかっこいいと思いました。

 

まとめ

相手に好きになってもらうまで

とてつもなく時間がかかる恋愛もある。

「親友」「恋人」そんな関係で

ひとくくりにできない絆があって

実は最後にはものすごく泣けてくる作品なのでした…。